日本の子どもたちに忍び寄る 『内面的ドロップアウト』


(更新日:2016.08.04)
読了時間:約1分
Bab96f91608f7af78b8c0872f3891f0d s

放課後に失われた3つの間(サンマ)を知っていますか?

3つの間とは、時間・空間・仲間のことを表現しています。
今日、教育界で問題になっているこども達の実態が下記のデータから読み取れます。

・時間
※現象  遅い塾通い・誰もいなくなった公園・公園でゲーム

・空間
※データ 
 不好
「児童の放課後活動の国際比較」(2012)
『自分のことが好きである』
日本:18%(他国比30~50%低い)
 無気力
日本青少年研究所「高校生調査」(2011)
『自分は価値のある人間だと思う』
日本:8% 米:57% 中:42% 韓:20%

・仲間
 孤独
ユニセフ「子どもの幸福度調査」(2007)
『孤独を感じる』
日本:29.8%(調査国25カ国中最多)
*2位アイスランドの約3倍
 格差
ユニセフ(「子どもの貧困率調査」(2012)
『子どもの想定的貧困率』
日本:14.9%(調査国35カ国中ワースト9位)
*貧困率は毎年上昇

いじめ ・不登校 ・引きこもり
「やったことないからやりたくない・・」
「次どうしたらいいのか教えて・・」
「大人になりたくない、つまらなそうだから・・」


私達が取り組む【日本の子どもたちの課題】
世界最低レベルの「自己肯定感」「チャレンジ意欲」を向上することです。


 


120x90?放課後npoアフタースクール

放課後NPOアフタースクール

 

http://www.npoafterschool.org/

あべとしきの投稿

少年サッカーから子供たちがドロップアウトしてしまう理由。
http://blogs.yahoo.co.jp/junchandeath/51394377.html


地元のクチコミを投稿する

あなたの地元の都道府県・市区町村を選んでください

Facebookコメント