本サイトは2020年7月14日をもって新規会員の受付および新規ツアー情報の提供を終了いたしました。

出張で◯◯に行く時に、飲むなら日本酒ですか焼酎ですか?おすすめは何ですか?いろいろ教えてもらえると嬉しいです。

クチコミ数:62

移住についての質問「出張で◯◯に行く時に、飲むなら日本酒ですか焼酎ですか?おすすめは何ですか?いろいろ教えてもらえると嬉しいです。」に対する地域の人のリアルな口コミを62件掲載。移住する前に地域のいいところ・悪いところ・地域のリアルに近い情報をぜひチェックしてみてください。

日本酒です。
唐津市には太閤という日本酒があります。
佐賀県内には鍋島、七田をはじめとする美味しい日本酒がたくさんあります。
投稿日:2016年01月28日(木) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
日本酒です。
佐賀県内には鍋島、七田をはじめとする美味しい日本酒がたくさんあります。
東京でこれらを飲むよりやすいです。
投稿日:2016年01月28日(木) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
日本酒です。
有田町には宗政という日本酒があります。
佐賀県内には鍋島、七田をはじめとする美味しい日本酒がたくさんあります。
投稿日:2016年01月28日(木) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
日本酒。酔心が三原の酒でおすすめ。その他の広島県の酒もおすすめ。
地元ユーザーの投稿 投稿日:2016年01月12日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
日本酒もいいけど・・・ここはやっぱり日本一のりんごの街!
りんごのお酒はいかがでしょうか!!

昭和28(1953)年、果実加工界の視察で欧米を訪問した、弘前の酒造メ-カー社長・吉井 勇(よしい いさむ)氏が、りんごの発泡酒シードルに着目、帰国後の翌29年6月に朝日麦酒株式会社(現アサヒビール)と連携し、「朝日シードル株式会社」を設立。昭和 31年より販売を開始。これが日本における「シードル」の始まりである。
近年、弘前市出身の現代美術作家・奈良美智氏が展覧会を開き、多くの観覧者で賑わった「吉井酒造煉瓦倉庫(弘前市吉野町)」が、その発祥の地である。
その後、りんご加工に造詣のあるニッカウヰスキー株式会社へ事業が受けつがれ、今日に至っている。そして平成26年4月、弘前市はハウスワインシードル特区に認定され、りんご生産者たちの新たなシードル造りの挑戦が始まった。
(弘前観光コンベンション協会HPより)

現在では、弘前・青森産のシードルが、・ニッカウヰスキー ・タムラファーム ・弘前シードル工房kimori・A-FACTORYと4社あり市内の飲食店やバーでお召し上がりいただけます。
詳しくは→http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cidre
投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
弘前で酒を飲むなら日本酒でしょう!!
市内には8つの蔵元がありそれぞれお勧めに日本酒がありますよ。
カネタ玉田酒造店 華一風、津軽じょんがら
六花酒造 津軽海峡、龍飛、じょっぱり
吉井酒造 吉野桜
三浦酒造 豊盃
白神酒造 西澤、白神
丸竹酒造店 大輪菊盛、白神ロマンの宴、津軽衆
齋藤酒造店 北のまほろば、六根、松緑
佐藤酒造店 卍、掬水
詳しくは→http://www.sakeno.com/search_area.php?t=2&s=%B9%B0%C1%B0%BB%D4


投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
もちろん、多くの居酒屋さんやお寿司屋さんは、地元の日本酒、焼酎を豊富に取り揃えているので、
そちらを楽しんでも良いとは思いますが、三沢市と言えばやはり「テキーラ」でしょう!
裏はとれてはいませんが、テキーラ消費量が東北No.1との「噂」です。
昨年2015年の航空祭前夜祭として、テキーライベントが開催されるほど、三沢市ではポピュラーなお酒です。
http://www.city.misawa.lg.jp/news/index.cfm/detail.1.19346.html
アメリカ人と共にショットを交わせば、すぐに打ち解けること請け合いです!
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201509/20150911_25002.html

地元ユーザーの投稿 投稿日:2016年01月09日(土) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
もちろん濁酒、どぶろくです。

打当(うっとう)温泉マタギの湯には【マタギの夢】という第4回全国どぶろく研究大会で最優秀賞を受賞した、どぶろくがあります。美味しい山の恵み、川の恵みをいただきながら、どろりとしたどぶろくを飲む。最高です。

空の容器をもっていくと、量り売りもしてくれますので是非!
http://www.mataginosato.com/doburoku.html
地元ユーザーの投稿 投稿日:2016年01月09日(土) 記事URL
0件のコメント (コメントする)