青森県弘前市の移住クチコミ

クチコミ数青森県1位 / 9位

青森県弘前市の人が投稿したリアルな口コミを51件掲載。青森県弘前市に移住する前に、青森県弘前市のいいところ・悪いところ・地域のリアルに近い情報をぜひチェックしてみてください。

【質問】おすすめの地元グルメを教えてください。 弘前はリンゴ生産量日本一の街!
弘前の街中にはそのリンゴを使ったアップルパイの店が40店舗以上あります。それぞれのお店こだわりのアップルパイは皆さんの想像を超えることでしょう。
シナモンの効いた昔ながらのものから果肉のシャキシャキを生かしたりんごをまるごと入れたものなどお客様のお好みのアップルパイを探すのも楽しいですよ!
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/userfiles/file/UNIQ_f421c7bd6c3d2da95e23007af3fc5f33.pdf
投稿日:2016年02月02日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】坂道多いですか? 弘前市の中心地にある弘前公園や禅林街、武家屋敷や洋館などを散策するエリアには、官公庁や金融機関なども集まっている繁華街も集まっていますが、比較的アップダウンがなく歩きやすい街です。自転車もありですね。

投稿日:2016年01月19日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】車なくても生活できますか? 弘前の中心街であるJR弘前駅から土手町、弘前公園までは歩いても20分程度の位置関係なので、散策するには車でなくても充分お楽しみいただけますが、生活!ということになると・・・。大型のスーパーやSCは郊外にあることと新興住宅地は中心街から少し離れた場所にあるため車がないと不便ですね。こちらでは一家に2台以上というのが一般的ではないでしょうか。
投稿日:2016年01月19日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】東京までのアクセスはどうですか? 高速バスも格安で便利!
東京(八重洲南口の鍛冶町駐車場・新宿西口)⇔弘前の昼行便スカイ号や夜行便パンダ号は格安の高速バス
また、品川・浜松町と横浜へ運行するノクターン号が便利です。
そのほかにも3席シートの高速バスも運行しどれも所要時間は9時間~10時間と言ったところ。
料金も片道5,000円~10,000円程度で日中を有効に使いたい方にはとても良いアクセスです。
投稿日:2016年01月13日(水) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】東京までのアクセスはどうですか? 飛行機のアクセス
東京(羽田)から青森空港まで飛行機の所要時間は75分、空港から空港バスで55分なので2時間10分で弘前に到着!!
羽田のほかには、名古屋(小牧)から80分、大阪(伊丹)から90分、札幌(新千歳)からはなんと46分です!
また、ソウル(仁川)からも定期便が週に3便運航し、仁川をハブ空港に使用すれば世界各国への移動も結構便利なのです。
投稿日:2016年01月13日(水) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】東京までのアクセスはどうですか? 新幹線を使用すると東京駅から3時間で新青森→奥羽本線特急つがるに乗り換え30分(普通列車で約40分)
JR弘前駅までの所要時間は約4時間といったところでしょうか。
東京駅発朝一番6:32のはやぶさに乗れば10:24には弘前に着きますよ!!
投稿日:2016年01月13日(水) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 北国は雪道が心配でこの時期の観光は・・・
「安心してください!こんなサービスがあります。」

冬の市内観光に便利な長靴の無料貸出を今シーズンも行います!
JR弘前駅1F弘前市観光案内所・弘前城追手門前の弘前市立観光館、弘前市の商店街「土手町」にあるまちなか情報センターの市内3ケ所の施設にて貸出しいたします。

詳しくは→http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=boots
簡単な受付用紙の記入でOK!お気軽にご利用下さい!
投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】出張で弘前市に行く時に、飲むなら日本酒ですか焼酎ですか?おすすめは何ですか?いろいろ教えてもらえると嬉しいです。 日本酒もいいけど・・・ここはやっぱり日本一のりんごの街!
りんごのお酒はいかがでしょうか!!

昭和28(1953)年、果実加工界の視察で欧米を訪問した、弘前の酒造メ-カー社長・吉井 勇(よしい いさむ)氏が、りんごの発泡酒シードルに着目、帰国後の翌29年6月に朝日麦酒株式会社(現アサヒビール)と連携し、「朝日シードル株式会社」を設立。昭和 31年より販売を開始。これが日本における「シードル」の始まりである。
近年、弘前市出身の現代美術作家・奈良美智氏が展覧会を開き、多くの観覧者で賑わった「吉井酒造煉瓦倉庫(弘前市吉野町)」が、その発祥の地である。
その後、りんご加工に造詣のあるニッカウヰスキー株式会社へ事業が受けつがれ、今日に至っている。そして平成26年4月、弘前市はハウスワインシードル特区に認定され、りんご生産者たちの新たなシードル造りの挑戦が始まった。
(弘前観光コンベンション協会HPより)

現在では、弘前・青森産のシードルが、・ニッカウヰスキー ・タムラファーム ・弘前シードル工房kimori・A-FACTORYと4社あり市内の飲食店やバーでお召し上がりいただけます。
詳しくは→http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cidre
投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】出張で弘前市に行く時に、飲むなら日本酒ですか焼酎ですか?おすすめは何ですか?いろいろ教えてもらえると嬉しいです。 弘前で酒を飲むなら日本酒でしょう!!
市内には8つの蔵元がありそれぞれお勧めに日本酒がありますよ。
カネタ玉田酒造店 華一風、津軽じょんがら
六花酒造 津軽海峡、龍飛、じょっぱり
吉井酒造 吉野桜
三浦酒造 豊盃
白神酒造 西澤、白神
丸竹酒造店 大輪菊盛、白神ロマンの宴、津軽衆
齋藤酒造店 北のまほろば、六根、松緑
佐藤酒造店 卍、掬水
詳しくは→http://www.sakeno.com/search_area.php?t=2&s=%B9%B0%C1%B0%BB%D4


投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 冬の津軽は、いにしえの時代から受け継がれてきた奇祭がつづきます。
津軽の民間信仰は宗教のように特定の神仏や教義、指導者が存在せず、組織化されることもなく、その多くは信仰する個々の人間の自由崇拝です。 信仰の対象は万物に及び、宿る神々も様々な神様が祀られるなど、現代人が失いかけている自然への崇拝、諸々の神々への祈りの心を今も色濃く残している民間信仰が多く残ります。

冬の津軽は、各地で、その年の五穀豊穣を占う奇祭、祭りが繰り広げられます。その奇祭、祭りを見学するツアーも実施されます。

鬼神社しめ縄奉納裸参り 平成28年2月8日(旧暦元旦)
津軽の七日堂祭 平成28年2月14日(旧暦1月7日)
乳穂ヶ滝氷祭 平成28年2月21日(毎年2月第3日曜)
沢田ろうそくまつり 平成28年2月22日(旧暦小正月 1月15日)
詳しくは、
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_winter_dentougyouji
投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前の繁華街を中心で今回で10回目になるバル街が開催いたします。
その名も「弘前バル街Vol.10」
日程は平成28年2月6日(土)14:00~24:00 会場は、土手町、鍛冶町周辺、駅前周辺、城東周辺と飲食店やホテルが参加し、700円×5枚のチケット前売り3,500円を購入し梯子酒を楽しむイベントです。
今年は、ふるさと助成金の補助もありなんと2,500円で楽しめます。このチケットはタクシーでの使える金券にもなっているので広域で梯子酒が可能とうれしいシステムになっております。
この機会に是非お越しください!
投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 今年の冬!弘前は熱い!!
弘前の四大祭りの一つ、冬の「第40回 弘前城 雪燈籠まつり」が進化しています。
今年は、平成28年2月11日(木祝)~14日(日)4日間開催いたします。
昨年の夏から実施し話題になっている弘前城の石垣工事に伴いお城の曳屋がありますが、その石垣とお濠を使用したプロジェクションマッピング「弘前城石垣マルチ・プロジェクション」を2016年2月13日(土)・14日(日)①18:00~②18:30~③19:00~④19:30~⑤20:00~⑥20:30~一日6回実施いたします。
弘前城本丸石垣修理に伴い、総延長140メートル超の石垣に映像作品投影するとともに、内濠一帯に照明演出を行うイベントです!
お見逃しなく!!
詳しくは、
弘前観光コンベンション協会HP→http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat02_winter_yuki
をご覧ください。
投稿日:2016年01月11日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前で食事!と言ったらここがおすすめ!JR弘前駅前にあるホテルナクアシティ弘前。
今、地元で盛り上がっているのは2階のブッフェレストラン!以前からランチブッフェが好評でしたが、昨年の夏頃からディナーブッフェをスタート。事前予約をしないと席の確保ができないほど賑わっております。青森県の地場食材をふんだんに使用し、旬の素材を生かしたバラエティーある料理は、和食・洋食・中華にデザート、勿論、郷土料理もありますよ。そして週末にはライブキッチンで握り寿司やステーキのカッティングサービスなど食べてよし見て楽しめるレストランです。

ホテルナクアシティ弘前HP=http://www.naquacity-hirosaki.com/
投稿日:2015年12月25日(金) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 青森といえばりんごを連想する人が多いでしょう。
全国のりんご総生産の約半分が青森県、その内の半数(全国の1/4)が弘前産であることを知る人は少ないかもしれません。弘前はりんごに支えられていると言っても過言では和えいません。
弘前駅を降りると市内にはりんごでデザインされたポストやマンホール!楽しみながら散策するのもワクワクですよ!!


投稿日:2015年12月25日(金) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 城下町弘前市のシンボル・弘前城がある弘前公園の北門(亀甲門)と東門の中間に位置する「津軽藩ねぷた村」は「弘前ねぷた」山車の実物展示と津軽のスタッフによる祭りの紹介、「津軽三味線」の生演奏、弘前市趣のある建物指定建造物「たくみ」、「津軽特有の作庭方法の日本庭園・揚亀園(国の文化財)」など、津軽をまるごと体験できる施設です。食事処「津軽旨米屋」では津軽の郷土料理から、郷土料理「けの汁」をカレーにした「けの汁カレー」、冬季限定の津軽海峡の鮫で出汁をとった化学調味料無添加スープの「中華そば」が提供されています。地元のお土産品・民工芸品の他、青森県内全域の特産品を販売している売店やJA津軽みらい直営のりんご販売所「林檎屋」、JAつがる弘前直営の農産物直売所「新選組」は地元客の利用も多いですよ。
【津軽藩ねぷた村・ホームページ】http://www.neputamura.com/
【津軽藩ねぷた村・フェイスブック】https://ja-jp.facebook.com/tsugaruhanneputamura
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前…町の規模の割にラーメン屋多い、ケーキ屋多い、しかもそれぞれレベルが高いし、都市部に比べると安い!ついでに飲み屋も多いです!てか…食べ物なんでも安くておいしい、と自負しています!
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 明治37年創業の老舗店、中土手町の「肉の富田」こちらの名物と言えば、かつサンドです。薄切り肉を数枚重ね合わせて揚げた食べ応えのあるかつに、マヨネーズで味付けされたシャキシャキのレタスの組み合わせは絶品。昔懐かしい味でクセになる、おすすめの一品です。

【肉の富田<食べログ>URL】
http://tabelog.com/aomori/A0202/A020201/2006941/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市民会館にて展示されている市出身の洋画家・佐野ぬい氏によるステンドグラス「青の時間」開館50周年を記念して作成されたこちらは、施設内の新たなシンボルに。ちなみに、佐野氏によるステンドグラス作品のうち、自然光の下で観賞できるのは、こちらの作品のみです☆
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 中土手町の一戸時計店に残る時計台。今も現役で時を告げています。明治当時は振り子で動いていたそうですが、車の往来が激しくなるにつれ振動で振り子が止まったり、昭和38年街にアーケードを作る際に時計台を後方にずらす必要があり、現在は電動。赤いとんがり帽子が愛らしい街のシンボルです。

【一戸時計店URL】
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/details.html?id=API00100000229

地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 大正5年より創業の老舗菓子店 旭松堂。こちらの名物と言えば「バナナ最中」昭和初期、当時バナナは希少な食べ物で、その時代にバナナの風味や甘味を再現し、津軽や北秋田地方で誕生した銘菓となります。バナナそのものを味わっているかのような、素朴で上品な味わいの最中です。(1個¥120税込)

【旭松堂URL】
http://www.e877.jp/hinmei/03_01.html

地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 大正8年創業当時から愛され続けているつがる漬。「昔は一斗缶に入れて量り売りされていたものよ~」というお話もあります。昔はニシンが豊漁でしたから 数の子にするめ、昆布、大根が入ったこちらはまさに大正当時の庶民の味。数の子は今でも薄皮を一つ一つ手でむいているそうで、丁寧な仕事が人気の津軽の味です。

【鎌田屋URL】
http://tugaruzuke.co.jp/?transactionid=5ef9e39102ae21660e163c3817c16feb52e0480c
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 こだわりの料理と音楽好きな店主の人柄でファンも多いお店。桶屋町にある「南国食堂Shan2」店内まず目に入るのが、弘前出身の画家・奈良美智さん直筆の絵。吉野町緑地公園にAtoZメモリアルドッグが設置された2007年当時に、描かれたものだと言います。地元民から観光客まで、幅広い層に満足いただけるお店の1つです☆

【南国食堂Shan2 URL】
http://www.uchu-nippon.com/report_shop/shan2/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市元寺町にある飲食店街「山の手センター」。細長い通路に飲食店が10件ほどひしめき合っております。白い漆喰に煉瓦積み・タイルで装飾が施されたレトロな内装は、時の迷宮に迷い込んだような異空間。小さな入り口からは想像がつかないようなアンダーグラウンドな世界が広がっています☆
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 イギリス積みの赤レンガの外壁な特徴的な「弘前昇天教会」。大正9年に建設され、県の重要指定文化財にも指定。牧師さんが居るときのみ中は開放されており、明治時代にアメリカの婦人宣教師によって持ち込まれたと言われているリードオルガンが今でも現役で使われております。

【弘前昇天協会】
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/bunkazai/ken/ken12.html
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市一番町にあります津軽塗の老舗 田中屋店内の隠れ家的喫茶「北奥舎」。店内の本棚には、太宰治や寺山修司など津軽の作家の本が並んでおり、書斎のような店内で落ち着いたひと時を過ごすことができます。著作の前で文学談義に花を咲かせながら、珈琲を楽しんでみてはいかがでしょうか☆

【田中屋URL】
http://www.tugarunuri.jp/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市役所に隣接する旧第八師団長官舎。旧図書館などを手掛けた堀江佐吉の長男、堀江彦三郎が大正6年(1917年)に施工、歴代師団長が入居していた大正モダンの雰囲気薫る建物です。国登録有形文化財指定のこちらにスタバが本日オープン、ヒバやブナコ・こぎん刺し等ともコラボした空間でコーヒーが楽しめます。

【スターバックスコーヒー弘前公園前店<食べログ>URL】
http://tabelog.com/aomori/A0202/A020201/2008905/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 津軽独特の風習、神社の鳥居に「鬼コ」。岩木川沿いを中心としたエリアでは、鳥居に「鬼」が鎮座した神社が多数見ることができます。めんこい鬼から、いかめしい鬼まで、様々な「鬼」を探してみてはいかがでしょうか☆
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 一般の日本人で最初に珈琲を飲んだのは弘前の人⁈ 江戸時代、幕府の命により北方警備についた弘前藩士(兵の中には農民や漁民もたくさんいた)の多くが浮腫病で死亡、その予防薬として配給されたのが珈琲。現在、藤田記念庭園の喫茶室をはじめ市内数ヶ所でこの藩士のコーヒーを再現、提供しています☆

【藩士の珈琲URL】
http://www.aptinet.jp/Detail_display_00002228.html
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市内から岩木山オオヤマザクラネックレスロードをひたすら進み、二股の道を嶽温泉に向かった左手にある岩木さんぽ館。横にある足湯は、嶽温泉と同じ源泉から引いた 無料の贅沢なお湯です。さんぽ館の方が毎朝お湯を抜いて掃除し またお湯を引いているので清潔。お山散策後の休憩にどうぞ☆

【岩木さんぽ館URL】
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/details.html?id=API00100004268
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 市内の繁華街(土手町、鍛冶町)の通りにある、吉野町緑地公園。園内には「AtoZメモリアル・ドック」(奈良美智作)が設置されており、ベンチからは五重塔、岩木山、弘前昇天教会が見渡せます。園内は「恋人の聖地」としても選定され、弘前注目スポットの1つです☆

【吉野緑地公園】
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/details.html?id=API00100002202
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 みちのく銀行上土手町支店横の遊歩道・えきどてプロムナードで行われる「弘前あさいち」は6月~10月の毎週日曜、朝6:00から開催。毎回の振る舞いや数量限定特売などが人気です。この期間中は市内各所で様々な朝市が開催されます。早起きは三文の徳!お近くの朝市にお出かけください☆
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 創業270年を誇るカネタ玉田酒造で販売しているワンカップ「うまくち玉川」。津軽の食材との相性も抜群で、これからの時期は山菜のお供にもぴったりです。瓶にはシンプルでカラフルなりんごのデザイン。持ち運びも便利で、お土産にも最適です☆

【カネタ玉田酒造URL】
http://osakelist.com/aomori/jonkara
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 新寺町にある「加藤味噌醤油醸造元」。市内でも数少なくなった金文字看板と、明治4年(1871)の創業当時のたたずまいを残した建物です。味噌・醤油・めんつゆを販売しており、原材料には青森県産の大豆「おおすず」、自家製米「つがるロマン」を使用し、創業以来伝統の味を守り続けている品です。津軽で親しまれている味を是非ご賞味下さい。

【加藤味噌醤油醸造元URL】
http://www.tsugaru-yamatou.com/%E9%86%B8%E9%80%A0%E5%85%83/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 赤いトンガリ屋根が特徴的な「外人宣教師館」。明治39年、弘前学院に米国から派遣された婦人宣教師の宿舎として建てられました。外観は洋風ですが、1階と2階に縁側があるなど和洋折衷の造り。北奥の洋館として、優れた建築の1つであります。

【外国人教師館URL】
http://www.city.hirosaki.aomori.jp/gaiyou/bunkazai/kuni/kuni-touroku5.html
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 食べることで「津軽」を感じて欲しいという思いを詰め込んだ津軽の弁当「津軽弁」。いがめんち、人参の子和え、みずの油炒め、なすのしそ巻き、身欠き鰊など地元のおかずが並びます。「ばっちゃ御膳」「ホタテ飯といかめんち弁当」など種類も豊富。弘前駅自由通路他で販売、懐かしい味に出会えます☆

【津軽弁<東奥日報記事>URL】
http://www.toonippo.co.jp/rensai/syokunomiryoku2011/hirosaki/main.html
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 東長町にあったパン屋さん「ポポロ」が昨年5月に弘前公園外濠に面した下白銀(NTT横)に移転、白を基調とした可愛いお店に。店内は焼き立てパンの匂いでいっぱい。ファンの多い人気のラウンドパンは変わらぬおいしさ、カットもお願いできます。確実にゲットしたい方には予約がおすすめ。新店舗は駐車場も完備です。

【ポポロ<食べログ>URL】
http://tabelog.com/aomori/A0202/A020201/2006272/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前城には築城当初より現在まで残っている門が5棟あります。 その中の1棟である追手門は、現在弘前城の正門。しかし築城当初の正門は城の北側にある北門(亀甲門)、この門は裏門(搦手門)でした。1665年(寛文5年)碇ヶ関街道の整備が進んで参勤交代の経路が変わった結果、以降こちらが正門となったそうです。

【弘前公園URL】
http://www.hirosakipark.jp/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市りんご公園内「りんごの家」で提供している「りんごジュース飲み比べセット」(¥300)。市内で販売している5つのりんごジュースを飲み比べることができます。同じりんごジュースでも、甘味・酸味などの違いによって味は千差万別。お好みのりんごジュースを見つけてみてはいかがでしょうか。

【弘前市りんご公園URL】
http://www.hi-it.net/~ringo-kouen/shisetsu/post.html
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 津軽地方でお稲荷さんといえば「ピンク色に色付いた甘い」もの。弘前中央市場や虹のマートはもちろん、スーパーのお総菜コーナーでも見かけます。もち米を炊いたご飯にお砂糖と紅ショウガを混ぜて作る赤いお稲荷さんは何とも可愛らしい。大切にしていきたい津軽の味です。

【虹のマートURL】
http://4travel.jp/domestic/area/tohoku/aomori/hirosaki/hirosaki/market/11346596/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市には「アップルロード」と呼ばれる、正にりんごだらけの道路があります。石川地区と百沢地区を結ぶ約20キロの道のりには、多くのりんご畑が広がっています。元々はりんご出荷の際の交通渋滞を解消するために建設されたもの。昭和54年に完成して以来、りんご産業にも大きく貢献しています。春は真っ白な「りんごの花」が咲き誇り、秋はりんごが赤く実り、ドライブコースとしても最適です。
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 お米で作った餅にお米をトッピングしたのが、津軽特融の「あさか餅」です。大福餅の表面に「あさか種」と言われているナッツのような香ばしい粒々をトッピングしたお餅。中はこしあん。地元人にも大人気で、夕方前には売り切れになることもしょっちゅう!一度食べる価値アリですよ☆

【あさか餅】
http://marugoto.exblog.jp/tags/%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%8B%E9%A4%85/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 「弘前ねぷた祭り」は、青森県内のすべてのねぷた祭りの原点と言われています。弘前ねぷたを出陣する団体は約80あり、7月に入ると弘前市内のあちらこちらに巨大な「ねぷた小屋」が立ち並び、夜な夜な仕事を終えた大人や、町内の子供たちが集まり、ねぷたを製作します。この時間こそが地域の人間にとって宝物。ヤーヤドーの掛け声と共に8月1日~7日の運行が終わると、気持ちはすっかり冬です。正に夏に燃え尽きる弘前ねぷた。一度見に来てください☆ちなみに津軽藩ねぷた村では一年中ねぷたが見学できますよ!

【津軽藩ねぷた村URL】
http://www.neputamura.com/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前と言えば「りんご」!実際のりんごもたくさんありますが「りんごをモチーフにしたアイテム」もたくさんあるんです。例えば「りんごのカーブミラー」「りんごのマンホール」「りんごのポスト」「りんごのガードレール」などなど、街を見渡せばそこはりんごだらけ!なんと、弘前市役所に行くと「りんご課」という部署まであるんですよ!弘前に来たら「いくつりんごを見つけられるか」に挑戦してみてください☆
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 みなさんは「弘前路地裏探偵団」を知ってますか?彼らは探偵団・・・ではなく、まち歩きガイド集団なんです。弘前市民がごく普通に生活している路地裏を、探偵のコスチュームを纏ったガイドが面白おかしく案内してくれます。所要時間は約90分。巡るのは弘前市民の「暮らしぶり」です。何気ない日常風景も、地元ガイドと歩くと気付きがたくさんあります!弘前に来たら歩かなきゃもったいない!弘前に来たら「弘前路地裏探偵団」オススメです!

【弘前路地裏探偵団URL】
http://www.rojitan.com/
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 弘前市にはアップルパイを販売するお店が50店舗以上あります。一言に「アップルパイ」と言っても、生地がサクサク、しっとり、中のリンゴが酸味が効いてる、シナモンが効いてるなどなど、本当に個性的!それらをまとめた「弘前アップルパイガイドブック」は観光客にも大人気!駅の観光案内所などで無料で入手できます。弘前に来たらぜひこのマップを片手に散策してみてください!

【弘前アップルパイガイドブックURL】
http://www.hirosaki-kanko.or.jp/web/edit.html?id=cat03_food09
地元ユーザーの投稿 投稿日:2015年12月22日(火) 記事URL
0件のコメント (コメントする)
【質問】弘前市の知っておいたほうがいい情報を教えてください。 桜とりんごとお城の町弘前は観光資源の豊富な街です。春には弘前公園の2,600本の桜は、リンゴ栽培の剪定技術を取り入れた手入れにより日本一の桜が咲き乱れます。勿論夏の弘前ねぷたまつり、秋の紅葉、冬は雪燈籠まつりと一年中楽しめます。また、世界自然遺産の白神山地への玄関口としても便利。
投稿日:2015年12月21日(月) 記事URL
0件のコメント (コメントする)